卵子の老朽化を予防する「ビタミンC」

レモン

ビタミンCは柑橘類の成分が壊血病を予防することから発見されたアスコルビン酸という水溶性のビタミンです。

別名「抗酸化ビタミン」と呼ばれていて、その名の通り抗酸化作用が非常に強い栄養素となっています。細胞が酸化(=サビること)することで細胞に傷がつくと、老化や生活習慣病を引き起こします。

細胞膜は脂質やたんぱく質、糖質などから生成されているのですが、それらが損傷することで、細胞が持っている機能が低下したり、機能不全に陥ってしまいます。
卵子も同じように、卵子が酸化することは、すなわち卵子が老化することと同等の意味を持つのです。

この酸化を引き起こしている要因が活性酸素です。
それでも幸い、私たちの体には活性酵素を消去する力が備わっています。

抗酸化作用のあるビタミンCもそのひとつで、体内で発生する活性酸素を除去してくれる働きがあるのです。

ビタミンCの主な効果や働き

  • 活性酵素を除去する
  • 酸化されたビタミンEを再生する
  • コラーゲンの合成を促進する
  • 感染症を防ぐ
  • アレルギーを抑制する
  • 白血球を活性化させる
  • 風邪の初期症状への治療効果

美肌、美白、しみ予防といった効果を持つ他、風邪や生活習慣病への効果も持つことからベーシックなサプリメントとして利用されることが多い栄養素です。

ビタミンCが不足すると?

  • シミやシワができる
  • 風邪をひきやすくなる
  • 疲れやすい
  • アレルギー症状がでる
  • ストレスに弱くなる
  • ガンの予防・改善

私たちは、生きているだけで、常に活性酸素の脅威にさらされているといえます。
たとえば、ストレスや毎日の飲酒、喫煙、糖質の多い食事、激しい運動や紫外線などは活性酸素の発生を促します。
すると、ビタミンCもどんどん失われてしまいます。

妊娠体質になるためには、活性酸素の発生要因であるものをなるべく避けて、ビタミンCなどの抗酸化作用の強い栄養素をたっぷり補給し、卵子の老化を遅らせる必要があります。

日本では特に摂取上限値は定められてはいませんが、米国では1日2000mgとされています。
それを超えること過剰摂取になる可能性もあり、胸やけや下痢といった副作用を引き起こすこともあるとされています。

ビタミンCは体内のあらゆるところで抗酸化力を発揮し、水溶性のため役目が終わると尿中に排泄されます。
一度に大量に摂取するのではなく、できるだけこまめに回数を分けて摂取することで、血中濃度を保つようにすることが大切です。

ビタミンEと相性が良い

ビタミンCはビタミンEと組み合わせることで相互作用が生まれ、抗酸化作用が高まることが有名です。
卵子の老化予防としてサプリメントを選ぶ際はビタミンCと共にビタミンEも配合されたサプリメントを選ぶようにしましょう。

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ