妊娠中に避けた方がいいサプリメントは?

サプリ

葉酸サプリなど妊娠中におすすめのサプリメントもありますが、逆に妊娠中におすすめでないサプリメントもあります。
妊娠中はつわりの影響もあって、食事も思ったように摂ることができません。そのためビタミン剤などの栄養補給はどのように考えるべきなのでしょう。

ビタミンA

妊娠中のビタミンAの過剰摂取はとても危険です。胎児に大きな影響がある可能性が高く、奇形などのリスクが高くなります。
とはいっても不足は当然良くないことなので、妊婦用サプリでは野菜に含まれるβカロテンとして配合されているのです。

βカロテンはビタミンAが体内で足りているときにはビタミンAにならず、ビタミンAが不足しているときだけ、不足分のみビタミンAに変換される優れたビタミンなのです。
動物性のレバーやウナギなどに多く含まれるレチノールは過剰摂取によって奇形のリスクを高めるので、妊婦用のサプリにはビタミンAは必ずβカロテンが配合されているのです。
こんなことからも栄養が摂れていないと思い、一般の総合ビタミン剤を飲むのは危険だということになります。

リンに注意

リンは清涼飲料水やインスタントラーメン、スナック菓子、ハムなどに多く含まれている成分です。
リンの過剰摂取はカルシウムや鉄分という妊娠中になくてはならない、しっかり摂取したい栄養素の吸収を妨げてしまいます。
そのためリンが含まれているものはできるだけ避けたいもの。サプリにリンが含まれているものは、妊婦は避けなければなりません。

イソフラボン

イソフラボンなどの成分には要注意便秘改善や肌荒れ、ダイエットなどにも良いと言われているイソフラボン。
イソフラボンは女性ホルモンの中でもエストロゲンの分子構造と酷似しており、植物性エストロゲンとも言われています。
ホルモンバランスが悪いときや更年期などにも、エストロゲンの補充の役割がある成分です。
しかしイソフラボンサプリの摂取は、妊娠中にエストロゲン注射を打つようなもの。絶対にホルモンにかかわるサプリは避けなければなりません。

プエラリア

バストアップサプリなどの主成分となっていることの多いプエラリアもイソフラボンより同様に、エストロゲンと酷似した分子構造を持ち、エストロゲン摂取と同じ効力をもちます。
イソフラボンより効力は強力と言われているため、当然妊娠中はホルモン調整などもっての他です。
絶対に避けるようにしましょう。

ザクロ

特に女性用のサプリにはザクロ成分も人気です。バストアップや生理不順、そして妊活にも人気のある成分です。
妊活まではおすすめですが、妊娠中はプエラリアやイソフラボンのように植物性エストロゲンとして絶対に避けるべき成分です。

合成ビタミン類には気を付けよう

また合成ビタミンCなどは防腐剤としても使われています。
食品添加物としてビタミンCが使われていると一見安心のようですが、実は合成ビタミンだということが殆ど。
このようなこともあるので、合成ビタミンの使われていない妊婦用のサプリがおすすめです。
そしてどうしても天然ビタミンは合成ビタミンより価格も高くなりますが、極端に高いものではないので妊娠中は安いものを基本に選ぶことはおすすめできません。

妊婦への使用の確認が基本

内容的に妊娠中におすすめの成分であっても、内容に関係なく妊婦専用のサプリか、妊婦への使用が認められているサプリ以外は摂取しないというのが基本です。
サプリは1つの成分だけでなく、いろいろな成分が含まれています。その中には添加物として妊婦に向かないものが入っている可能性もあります。
また製造過程など、さまざまなところで妊婦への配慮がされているかはとても重要なのです。

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ