葉酸サプリとルイボスティーの併用や妊活効果

ルイボスティー

葉酸サプリもルイボスティーもどちらも妊活にとても効果が高いと言われているものですが、どのような効果があるのでしょうか。
また、併用した方がいいのかなどいろいろな面から考えてみましょう。

葉酸サプリの妊活効果

葉酸は厚生労働省からも推奨されている成分ですが、妊活、妊娠中にもとても重要な栄養素と言われています。
葉酸はビタミンB12と一緒に摂取することで造血作用が高まる栄養素とされていて、そのため貧血の予防や代謝アップにも効果がありますが、葉酸の妊活への効果はそれだけではありません。
妊活中に飲むことで、健全な精子や卵子の状態で受精することができます。
>>葉酸サプリは貧血にも効果

DNAの書き換えミスを予防

葉酸を摂取することで卵子や精子が作られる時点でDNAの書き換えミスなどのリスクが低減されます。それによって奇形や障害などの要因を持った卵子や精子が作られなくなり、健全で元気な卵子や精子を作り出すことができるため、妊娠もしやすくなるのです。

また、女性の子宮内に受精した受精卵が着床しやすい状態にしてくれるビタミンEなども葉酸サプリには配合されているメーカーもあります。
このような葉酸サプリの働きによって先天性の異常を持つ妊娠リスクが減り、正常な妊娠がしやすくなるのです。

ルイボスティーの不妊・妊活に関わる4つの理由

夫婦でお茶を飲むルイボスティーは普通の時でも健康効果の高いお茶ですが、特に妊活中にはおすすめと言われています。
ルイボスティーは続けて飲むことで妊活効果があると言われており、特に不妊体質を改善することが期待されています。

ルイボスティーはルイボスという植物によるお茶ですが、南アフリカのミネラルを豊富に含んだ土壌で作られる豆科の一種です。
葉っぱを乾燥させてお茶にして飲むようになりますが、ルイボスティーは不妊、妊活に関わる理由が4つあります。

抗酸化作用が強い

体の酸化によって卵子や精子も老化すると言われていますが、この老化こそ不妊の原因となります。
ルイボスティーは抗酸化作用が強く、ホルモンを活性化させる効果があるため、毎日ルイボスティーを摂取すると抗酸化作用によって、卵子や精子の老化が防げることが期待できます。
そのため妊娠しやすい体質にしてくれるわけです。

卵巣機能の向上

卵巣機能も不妊には大きく影響します。やはり体内に活性酸素が溜まってくると、卵巣機能が正常に働かなくなります。
卵巣低下は排卵障害、黄体機能不全、卵巣機能不全などにもつながりますが、これらの予防や改善にもルイボスティーは効果が期待できるのです。

亜鉛も摂取できる

ルイボスティーはミネラルが多く含まれているので亜鉛も十分摂取できます。亜鉛は女性ホルモンのバランスを正常にしてくれるのです。
また、男性には精子を増やしたり活性化させることができるため、亜鉛の摂取は男女にとってとても重要となります。

カリウムも配合

カリウムはむくみを摂ることでも知られているミネラルです。
これは卵子の成長を活性化する効果があり、それによって妊娠もしやすくなると言われています。また、マンガンは精子の動きを活性化させると言われています。

このように妊活に大切な成分がたっぷり含まれているルイボスティーが、妊活にすすめられる理由はお分かりになったでしょうか。

ルイボスティーと葉酸サプリを選ぶ際のポイント

ルイボスティーを選ぶときには、オーガニック100%の最高級茶葉を選ぶようにしましょう。
最高級茶葉は枝だの先の部分のことを言います。さまざまなグレードがありますが、先端の最高級茶葉がおすすめです。

葉酸サプリの場合も天然由来成分で開発されたサプリを選ぶことをおすすめします。化学物質で作られた葉酸やビタミンが含まれているものは避け、妊娠中でもおすすめの安全なものを選ぶようにしましょう。

良い物同士、妊活におすすめ

葉酸サプリとルイボスティーはどちらも妊活にお勧めのアイテムです。それぞれの役割があるため、どちらかが良いというよりはどちらも摂取しておくことが理想と言えます。
なかなか赤ちゃんに巡り合えず、悩んでいる方も是非うまく摂取して妊娠力をアップさせましょう。
>>天然由来成分でつくられた葉酸サプリとは

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ