妊娠・妊活中の方は葉酸サプリを摂取しよう

健康な赤ちゃんに出会うために葉酸サプリは必要なものです
葉酸サプリの正しい選び方
天然成分でつくられたもの

天然の葉酸は合成の1.5倍と言われており、その効果に違いがでます。100%天然の葉酸サプリというのはこの世の中には存在せず、あくまで天然由来となっているのですが、天然由来とは自然素材から取り出したものを凝縮させたもののことを指します。植物由来の成分は吸収力が良いため効果も高いというわけです。また、葉酸にはポリグルタミン酸型モノグルタミン酸型の2種類が存在すると言われています。モノグルタミン酸型の方が体内への吸収率も高いと言われていますが、現在通販で発売されている葉酸サプリの殆どはモノグルタミン酸型が適用されています。

つわりの時でも飲みやすいもの

つわりの時は非常にデリケートになっていてサプリ1つも飲みこむのが辛いもの。できるだけ飲みやすい大きさや、臭いや味などにも注意が必要です。また、その中にはつわりを軽減させてくれるビタミンB6が配合されている葉酸サプリもあるため、ビタミンB6が配合されたものを選ぶことも重要なポイント。

葉酸以外の成分も入っていること

本来は葉酸だけでなく、ビタミンや鉄分やミネラルといった栄養素が妊娠から産後まで必要です。特に妊娠中は赤ちゃんへ栄養を送るため貧血気味になりやすく鉄分不足になる方が非常に多いです。また、カルシウムも赤ちゃんの骨や歯をつくるための大事な栄養素のため積極的な摂取が必要となります。そのためビタミンE、ビタミンC、鉄分、ミネラルといった栄養素がしっかり配合されたメーカーのものを選ぶこともポイントです。

葉酸サプリ売上ランキング~2016年9月現在~

第1位 ベルタ葉酸サプリ

第1位ベルタ葉酸サプリ

商品名 ベルタ葉酸サプリ
価格 5980円(税込)
内容 1個120錠入り
1日目安量 4錠
特典・お得なコース 1個定期便6980円3980円
夫婦定期便8980円5980円
価格 ★★★ 飲みやすさ ★★★★
人気 ★★★★★ 成分品質 ★★★★★
サポート ★★★★★ 総合評価 ★★★★★

第1位はベルタ葉酸サプリ!葉酸の成分だけでなく、プラセンタ・ツバメの巣・ヒアルロン酸・コラーゲン・黒酢もろみ・珊瑚カルシウムなどの美肌成分、鉄分・ミネラルといったこれから妊活・妊娠を考えている方に必要な栄養素全てを高配合し、何より女性の美を大事にした人気のサプリメント!天然型の酵母葉酸100%で無添加であることから妊活中から授乳中まで安心して摂取できます!サポート体制も抜群で飲み方以外にも妊娠から子育てまで幅広いお悩みも相談に乗ってくれると人気急上昇中です。もちろんモノグルタミン酸型で残留農薬検査や放射能チェックもOK!
公式サイトへ

第2位 ママニック葉酸サプリ

第3位ママニック葉酸サプリ

商品名 ママニック葉酸サプリ
価格 5000円(税抜)
内容 1個120錠入り
1日目安量 4錠
特典・お得なコース 定期便コースで30%OFF・返金保証付き
価格 ★★★★ 飲みやすさ ★★★
人気 ★★ 成分品質 ★★★★★
サポート ★★★ 総合評価 ★★★★

第2位は2015年夏に発売されたママニック葉酸サプリ。まだまだ知名度は低いですが配合されている成分はベルタ葉酸サプリ同様にカルシウム、鉄分、ミネラルなどの栄養素を高品質!また、葉酸サプリメーカーでは珍しい返金保証付きというのも大きな特徴です。
公式サイトへ

第3位 女性100人の声から生まれたAFC葉酸サプリ

第2位女性100人の声から生まれたAFC葉酸サプリ

商品名 AFC 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
価格 1800円(税抜)
内容 1個120錠入り
1日目安量 4錠
特典・お得なコース 3個セット5400円4800円
価格 ★★★★★ 飲みやすさ ★★★★
人気 ★★★★ 成分品質 ★★
サポート ★★★ 総合評価 ★★★

第3位は葉酸サプリ界でも高い人気を誇るAFC葉酸サプリ。ベルタ同様たまごクラブやひよこクラブでも頻繁に紹介されており、その名の通り「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」として多くの妊娠・妊活中の女性から愛されています。ベルタとは違い合成の成分で作られているため比較的安く販売されており、これから摂取を考えている女性に入門としてもおすすめです。
公式サイトへ

広がる市場!厚生労働省でも推奨されてます

2000年に厚生労働省が全国の都道府県、医師会に対し妊娠可能な女性に積極的に摂取するように勧告。妊婦だけでなく妊娠予定の「妊活中」の女性にも是非摂取してほしいと呼び掛けたのが話題になりました。

それから数年で葉酸サプリが開発されて以来、続々といろいろな種類の葉酸サプリメントが発売されてきました。
ネイチャーメイド、ディアナチュラ、AFC葉酸サプリ、ベルタ葉酸サプリ、美的ヌーボ、ヤマノ、明治ビオママ、ピジョンなど…。
しかし、栄養機能食品や特定機能食品のように実はそれぞれ規格水準が違いますので、自分にあった商品を是非見つけてみましょう!

※海外での葉酸
日本でも最近はテレビやインターネットの影響もあり必要性が高まってきましたが、海外(特にアメリカ)では1992年に神経管欠損症予防の為にすべての女性に公衆衛生局が推奨しています。他にもカナダやニュージーランド、イギリスやハンガリーなど摂取の推奨が広まっています。それに比べて日本はまだまだ普及していないと言っていいと思います。

葉酸サプリを飲むべき理由、必要性とは?

葉酸の漫画
女性にとって妊娠から出産は人生においてとても大事な時期です。生まれてくる赤ちゃんの健康を守るために妊婦(ママ)として何ができるでしょうか?
その1つとして最近注目されているのが葉酸サプリメントです。別名「妊活サプリメント」や「妊娠サプリメント」とも呼ばれています。
妊活時に飲むサプリということからマカと勘違いをされる方も多いですが、どちらかというとマカは滋養強壮、精力増強としての働きが強く、本来は男性が摂取することで高い効果が得られる成分です。

しかし、葉酸は赤ちゃんの脳の発育を助けたり、神経細胞を作る働きがあります。

赤ちゃんの脳の神経がほぼ出来上がるのは妊娠6週目頃と言われています。
6週目とは妊娠1か月半の頃ですので妊娠に気づいていない可能性もある時期ですが、この時期に葉酸が体内から不足してしまうと、赤ちゃんの脳の発育に影響を与えてしまうこともあるのです。

そのためサプリメントとして毎日欠かさずに葉酸を摂取することで、赤ちゃんの先天的異常を防ぐことができると言われています。

これから妊娠や出産の予定がある方、または妊娠して産婦人科に行った方は摂取を勧められたことがあるのではないでしょうか?

葉酸はビタミンB群の一種

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種です。ビタミンB9・ビタミンM・プテロイルグルタミン酸とも言われていますが、ヘモグロビン(血液)をつくるビタミンとしても知られるようになりました。
食品としてはホウレンソウやレバー、焼き海苔などに多く含まれます。

最近では妊娠の胎児の正常な発育にも欠かせないビタミンだということも、多くのママが知っているのではないでしょうか。

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種

葉酸の発見とビタミンM、ビタミンB9

妊娠時の巨赤芽球性貧血の研究をしていたイギリスのウイルス博士によって、1931年に酵素エキスの中から貧血予防物質として発見されています。

猿の貧血予防に効果があったことからビタミンモンキーということでビタミンMと言われるようになりました。その10年後の1941年にほうれん草の葉っぱからも同じ物質が発見されたのです。

それからビタミンB群の9番目に発見されたものとしてビタミンB9と言われるようになりました。ビタミンB12とともに造血に不可欠なビタミンだということも分ったのです。
また、ビタミンB12は葉酸の働きを活性化させる効果があるため一緒に摂取すると効果的です。子宮内膜も厚くなり、赤ちゃんを授かりやすい体になっていきます。
ビタミンB12は動物性食品に多く含まれていて、肉・卵、その他乳製品などが例です。偏食しがちな方はサプリメントから摂取することが大切です。

葉酸は普段の食事からは摂取しにくい

葉酸は水溶性のビタミンなので茹でる・加熱などの調理によって栄養素は相当失われてしまうとされていますが、緑黄野菜に多く含まれるビタミンは調理するとどのぐらい減るのでしょう?

熱による減少は、アスパラガスが90%になり、菜の花やブロッコリーは60%前後、モロヘイヤやほうれん草は40%程度。
できるだけ生で葉酸を摂るには生ジュースやサラダ、納豆などで食べると良いとされています。

ビタミンCも活性型になるので、一緒に摂るとより効果的だと言われています。
ビタミンB12も葉酸と組み合わせることで造血作用に欠かせないコンビなので、この「葉酸・ビタミンC・ビタミンB12」の3つのビタミンを同時に摂取することは理想的な摂取法になります。

ちなみにビタミンB12というと、海苔、アサリ、シジミなどの貝類、いくら、タラコ、サンマ、ニシン、レバーなどに含まれています。
またビタミンCは新鮮な野菜やフルーツにはたっぷり含まれています。

ポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型

ポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型

通常、プテロイルグルタミン酸と呼ばれる食品中の葉酸は、殆どがいくつかのグルタミン酸が融合した「ポリグルタミン酸型」ですが、加工された食品に添加される葉酸はグルタミン酸が1つ融合したプテロイルモノグルタミン酸の「モノグルタミン酸型」です。
ポリグルタミン酸型は消化酵素によってモノグルタミン酸型に変わり、小腸の上皮細胞から体内へと吸収されます。食品に含まれる葉酸の吸収率はプテロイルモノグルタミン酸と比べ約26~80%の間と言われているため、平均すると食事からは約50%しか吸収できないとされています。

葉酸が不足・欠如してしまうと…

お腹にいる間に葉酸を摂取することで様々な病気のリスクを減らすことができます。葉酸の欠如は葉酸欠乏症とも呼ばれ、神経管閉鎖障害の発症リスクも高めます。
神経管閉鎖障害とは赤ちゃんの脳や脊椎が正常につくられない症状、二分脊椎や無脳症などの先天異常を起こしてしまう障害です。

このことから葉酸は妊娠初期にも必要な栄養素と言われ、さらに未然に防ぐためにも妊娠する前の妊活中から摂取することが重要なのです。

また、妊娠関係なく人間が生きていく栄養素としても葉酸は必要な栄養素で、不足してしまうと、

  • 神経過敏、うつ状態になる
  • 口内炎ができやすくなる
  • 動機や息切れがしやすくなる
  • 食欲が落ちる
  • 皮膚や肌にしみができやすくなる
  • 抵抗力が落ちて病気になりやすくなる

などといった体調の変化も起きてきます。

不足してしまう原因って?

葉酸欠乏症は様々な原因が考えられると言われていますが、妊娠時の他は非経口栄養剤投与時の抗けいれん剤・抗がん剤・免疫抑制剤などの使用時、血液透析・アルコール中毒などが原因で欠乏症が発症すると言われています。

葉酸は外から補いたい栄養素

葉酸は体内では蓄積されにくく、食生活からは摂取しにくい栄養素胎児の脊椎に異常を与える病気など葉酸が防いでくれる先天的異常は多いのですが、残念ながらこのビタミン類は体内で生成することができません。
不足しがちな葉酸を補うためにはサプリメントでの補給が大切です。食事で摂取することができれば言うことはないのですが、毎日そのような献立を考えるのもなかなか難しいのが現状です。

妊娠期間中には悪阻や体調不良からのストレスなども多く、栄養バランスを毎日考えていられません。生まれてくる赤ちゃんのためにも「母親になるための準備」という意識を持つことが大切です。

食事から摂取しにくい葉酸をサプリメントで

まだある葉酸サプリの効果・効能

貧血予防や先天性異常を起こすリスクを軽減させることだけでなく、葉酸には他にも多くの効果があります。

  • 妊活時の生理不順や生理痛の緩和
  • 流産や早産を予防する
  • 子宮内膜を厚くし着床率アップによる不妊改善
  • 抗酸化作用による卵子の老化予防
  • 血中のホモシステインを抑え認知症予防

これらの効果から葉酸サプリを摂取するメリットは多くあると言えます。

オススメはベルタ葉酸サプリ♪

ベルタ葉酸サプリ近年、いろいろな葉酸サプリが販売されていますが、当サイトでオススメするのはこのベルタ葉酸サプリです。

確かに他の口コミサイトを見てみると、ランキングでもAFC葉酸サプリが1位になっていることもあり、金額的にもお求めやすく、これから飲み始めようという人にとっては買いやすい商品となっています。
ただし、安ければいいというものではありません。

葉酸サプリは『安ければ入っている成分もそれなり』なんです。

ベルタ葉酸サプリは妊婦に必要なビタミンの量もしっかりと考えられており、脂溶性ビタミンのビタミンA・ビタミンEが摂り過ぎになることが無いように配慮した配合になっていて非常に安心です。
良質な母乳をあげるために授乳期に必要な栄養素「250mgのカルシウム」「15mgの鉄分」もしっかり配合し、モノグルタミン酸型の葉酸を使用しているため吸収率も高いです。
というのもこのベルタ葉酸サプリを作ったのは実際に出産経験をした社員スタッフの経験や、ベルタに寄せられた生の声を集めて作られたものなのです。

また、ベルタ葉酸サプリ公式ショップではお客様サポートも充実しており、その経験豊富な社員スタッフが何でも相談に乗ってくれるのも人気の秘密

もし不安なことがあっても電話ですぐ相談できることは初めての妊娠を経験する女性にとっては強い味方なんです。

>>ベルタ葉酸サプリ公式ショップはこちら

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ