葉酸を含んだ妊娠線クリームで体の外からも葉酸を!

クリームを塗る女性

妊娠中はお腹もバストもお尻も、腿だって急に大きくなったら、やっぱり妊娠線が出てしまいます。
産後、また綺麗な体に戻るためには絶対に妊娠線予防が重要です。

最近妊婦の方を中心に注目されている葉酸という成分ですが、この葉酸が配合されている妊娠線クリームも存在します。
そういった観点から妊娠線クリームの必要性も再確認してみましょう。

妊娠線クリームが予防になる理由

妊娠すると、お腹を始めバストなどいろいろなところが急に大きくなっていきます。
もちろん皮下脂肪も皮膚もその急激な伸びに細胞分裂がついていけずに亀裂が入ってしまうのです。

そこにできるのが妊娠線なので、できるだけ肌に柔軟性を持たせることが大切です。
柔軟性を持たせるためには細胞分裂の促進と保湿が重要になります。
そこで妊娠予防クリームが大活躍というわけなのです。

妊娠線クリームについて

妊娠線クリームは一般の保湿クリームとはやっぱり違いがあります。
妊娠中に皮膚から体内に吸収されてもいいように、合成成分などは無添加であることが大切です。
また吸収されるからこそ妊娠中にも効果のある葉酸は、細胞分裂にも効果が高く、おすすめの成分の一つではないでしょうか。

葉酸について

葉酸というと多くは妊娠中にサプリなどで摂取することは厚生労働省でも推進しています。健全な赤ちゃんの成長のためにも、また妊活にとっても効果の高い成分です。
もともと赤血球を増やす作用を持っている葉酸は、赤ちゃん先天性のトラブルも減らしてくれます。

そんな葉酸は細胞分裂効果も高く赤ちゃんの成長に大切な成分ですが、その力は肌の柔軟性のためにも効果があります。

また、妊娠線クリームなどに含まれる葉酸には亀裂を埋める手助けをしてくれる働きがあります。
一度できてしまった妊娠線にも有効なのがこの「葉酸を含んだ妊娠線クリーム」なのです。

一般の保湿成分の他にもこのように葉酸を体の中からだけでなく、外からも上手に利用することはとてもおすすめです。

皮膚の状態

妊娠線ができやすい皮膚は、皮膚のターンオーバーが落ちてしまし、敏感肌になっている状態です。
特に女性は排卵日から生理の間は黄体ホルモンが優位になるので、肌は乾燥しやすくなっています。

しかし妊娠すると、その状態がずっと出産まで続きます。
そのため妊娠前から実は乾燥肌になっているのです。

もちろん肌のターンオーバーも落ちるということは、肌再生・分裂がうまく出来ない状態なので、細胞分裂をバックアップする葉酸はとても大切な成分になります。

細胞分裂のスピードが上がり保湿も改善されれば、同じようにお腹などが大きくなっても妊娠線はできにくくなり、できても細く目立たない状態で済む可能性が高くなります。
あかちゃんが大きくなることは絶対に大切なことであり、その反面妊娠線ができるという現実は絶対にあるのです。

だったら出来るだけ予防し、できても最小限にすることで産後の肌状態はまったく違ってくるのではないでしょうか。

妊娠線クリームおすすめランキング

第1位 AFCストレッチクリーム

AFCストレッチクリーム

価格 2800円(税抜)
内容 120g(1か月分)
香り アロマ・ネロリの香り
特典・お得なコース お得な3個セット8400円7500円

葉酸サプリ「女性100人の声から生まれたサプリ」で有名なAFCの妊娠線予防クリーム。クリームにも葉酸を配合し価格もお買い求め安く、非常に人気の妊娠線クリームです。べたつきも少なく使いやすいのも魅力!
公式サイトへ

第2位 ベルタ妊娠線クリーム

ベルタ妊娠線クリーム

価格 6980円(税込)
内容 120g(1か月分)
香り 柑橘系の香り
特典・お得なコース 定期便コースなら4980円

ベルタ葉酸サプリで有名なBELTAブランドから発売された妊娠線クリーム。葉酸の配合はもちろん、妊娠線の修復に絶大な効果があると言われるシラノール誘導体も配合していて妊娠線予防だけでなくできてしまった妊娠線にも効果が期待できるクリームです。
公式サイトへ

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ