妊娠線予防クリームって市販の保湿クリームと何が違う?

妊婦

妊娠線は出来てしまうと、時間と共に目立たなくなることはあっても、消えることはないと言われています。
そのため妊娠線予防とそのためのケアが重要になるのです。
そのためにはどんなことに注意したらいいのでしょう?

そこで妊娠線予防に効果があると言われているクリームによる対策方法
一般的に売られている市販の保湿クリームと妊娠線予防用につくられているクリームではやっぱり妊娠線予防クリームの方がいいのでしょうか。
そこにはどのような違いがあるのかなど、妊娠線予防について考えていきたいと思います。

保湿ケアをするには妊娠線用クリーム

妊娠線予防の保湿ケアには、保湿成分が十分配合されたものを使うようにしたいものです。
でも普通の保湿クリームより、やはり妊娠線予防専用の保湿力の高いクリームがおすすめです。

妊娠線予防クリームは、妊婦は敏感肌になっていることが多いので刺激の少ないものとなっています。
もちろん妊娠中に使うため合成成分不使用の安心して使用できるものであり、臭いに敏感な妊婦に合わせて無臭のものがほとんどです。
そして妊婦ならではの必要成分など、妊娠中に最適のクリームとなっています。
とくに最近では「葉酸」も配合してあるクリームもあり、妊婦さんには嬉しいクリームも販売されています。

また妊娠線予防クリームには亀裂を防ぐ成分が配合してあり、普通の保湿クリームより妊娠線予防に効果があります。
肌にうるおいを与えるという点では役割は同じですが、配合されている成分により用途が変わってくるのです。

妊娠線予防の方法

妊娠線を予防する方法は2つあり、まず1つは体重を急激に増やさないことです。
妊娠中の急速な体重の増加は妊娠中毒症などの問題も起こってきます。

その上、出産のときにも産道に脂肪が付いてしまうと大変な難産になってしまうのです。
そのため急激な食べ過ぎや、甘いものの摂り過ぎなどは注意したいものです。

そしてもう一つは保湿を十分行うとことではないでしょうか。
肌が乾燥していると柔軟性がなく、ちょっとの伸びでも皮下組織に亀裂が入ります。
妊娠中は特にエストロゲンが少なくなって乾燥肌になってしまうたま、保湿ケアが妊娠線予防には欠かせません。

どんなときに、どこに塗るの?

特にいつ塗るということは決まっていませんが、お風呂上がりには必ず塗るようにしたいものです。
お風呂上がりはしっとりしているように感じますが、お風呂から上がると普段以上に水分は蒸発していきます。

そのためお風呂から上がったらできるだけすぐ塗るようにしましょう。
どうしてもお風呂やシャワーに入れないときは、寝る前の寝間着に着替えるときに塗るようにします。

では、どこに塗るのかということになりますが、亀裂が出来ないためと、できてしまった部分のケアの二つを目的として使いたいものです。
つまり亀裂が出ているところと、出来やすいところを両方ともしっかり塗っておくことが大切ではないでしょうか。

お腹、バスト、お尻を特にケアしますが、お風呂のときだけでなく朝も塗っておくとより効果的になります。

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ