妊娠したら知っておきたい妊娠線予防~亀裂ができる原因~

妊娠したら知っておきたい妊娠線予防

葉酸サプリを飲んでいる人であれば中には妊娠をされた方もいるかと思います。
そこで知っておきたいのが妊婦さんによくできる妊娠線のこと。妊娠によってお腹やバストが大きくなると妊娠線が出来てしまい、出産後も目立ってしまいます。

しかし、妊婦さんによって亀裂が多く出る人と、そうでもない人がいます。
なぜそのような違いがあるのか。

妊娠線ケアができれば、産後きれいなお腹やバストに戻れることができるはずです。
また、妊娠線は一度できると消すことは非常に難しいので妊娠線予防と対策がカギを握ってきます。

亀裂が出来る原因を知って妊娠線予防をしていきましょう。

妊娠線の出来る部分や部位~お腹・胸・臀部・太もも~

もちろん妊婦さんによってそれぞれ違いますが、妊娠線が出来るところは主にお腹がメインと言われています。
それは妊娠して赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹も大きくなっていくからです。

また、お腹だけではなく、だんだんバストも大きく張ってくるようになります。
そして妊娠した体を支えるため、お尻太ももにも皮下脂肪が急速につくこともあるのです。
つまりお腹・バスト・お尻(臀部)・太ももが妊娠線の出やすいと言われています。

妊娠線の出来る原因とは

妊娠線の出来る原因
皮膚の表面は表皮があり、その下に真皮、そして皮下組織というように3層に分かれています。
真皮や皮下組織は急速に伸びることができません。

しかし急激に皮下脂肪が増えてしまうと、急に伸びることのできない真皮や皮下組織の伸びの限界が起こってしまい亀裂が入り、皮膚が引っ張られてしまいます。
そのために肉割れ、つまり妊娠線と言われる状態が起こってしまうのです。
もちろん妊娠が原因でなくても急速に太った場合は同じようなことが起きますが、特に妊娠はアッと言う間に大きくなっていくので、このようなことが起こるわけです。

そして妊娠中はエストロゲンの分泌が少ないため肌が乾燥気味になるので、余計妊娠線はできやすいのです。
初めは紫系の色の線になり、時間とともに透明に近い銀色のような色にかわりますが、1回できてしまうと完全に消えることは無いとも言われています。

妊娠線ができる時期

妊娠線は人によっていろいろですが、結局その人にとって急速に大きくなってきた時期が妊娠線の出来る時期と言えます。

早い人は3~4カ月から出来てくる人もいますし、半年過ぎからの場合もあります。
特につわりなどがひどい場合は痩せてしまうので、お腹が大きくなりだすとその速度は速く、より妊娠線はできやすくなるのです。

また、妊娠中期ではまったく妊娠線が出ていなかった人も、後期の8カ月辺りからはお腹が急速に大きくなるため、この頃から出てくる場合もあります。

バストに関しては特に8カ月頃から極端に大きくなりだすため、この頃にバストにも妊娠線が出来やすくなります。

出産近くになるとお腹もバストもお尻もいっぱいいっぱいの大きさになるので、この時期は一番妊娠線が出やすい時期なのです。
急激に妊娠線が出だすとかゆみが出てきたりすることもあります。

妊娠線予防に関するコンテンツ

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ