神経管閉鎖障害になったかはいつわかる?

神経管閉鎖障害は赤ちゃんにとって、またパパやママにとっても非常に辛い病気となります。
症状によっては赤ちゃんが無事に出生できずに流産、死産ということになる場合もあるようです。

そんな神経管閉鎖障害はいつ発症するのがわかるのでしょう。
特に妊娠と気付かずに薬などを飲んでいた妊婦は、胎児に影響がなかったかなどとても心配になります。
そんな心配も早くはっきりさせたいものです。

神経管閉鎖障害が出てくる時期

神経管閉鎖障害は妊娠4週目から5週目頃胎児の脳や脊髄がだんだん成長してくる時期に、これらの部分が未熟な状態だと見つかる事が多いようです。

脳の不完全脊髄の不完全の2つのタイプがあり、特に脳の不完全や欠損している場合は、無能症という状態になり死産につながるとのこと。
骨髄に異常がある場合は、下半身に障害を持って生まれてくることになります。

無脳症はいつわかるか

神経管閉鎖障害は妊娠健診のエコー検査で分かることが多いと言われています。
無脳症の場合は妊娠10~14週辺りのエコー写真で疑われますが、はっきりと分からないこともあります。

頭部がはっきり写らなかったり、欠けているところが見られれば血液検査や羊水検査など正確に分かる検査をすることに。

二分脊椎症はいつわかるか

二分脊椎症の場合は妊娠16週から20週頃のエコー検査で疑いが出たときに、血液検査や羊水検査をすることになります。
しかし、もしも神経管閉鎖障害と分かったときには、そのまま出産をするか堕胎をするかという選択を迫られます。

二分脊椎症の場合は無脳症とは違って死産ということにならずに、出産できることも多いとのこと。
ただし、どこかに障害を持ってしまっていることになりますが、エコーで見えない部分は判明しないこともあるようです。

神経管閉鎖障害の発症率

日本では1万人に6人の確率で発症しています。
年間で673人の胎児が神経管閉鎖障害となり、そのうち無脳症と二分脊椎症が半々程度の割合となっているとのこと。

妊娠前の男性と女性両者の葉酸摂取によって、神経管閉鎖障害の60~70%は予防できるということも。
イギリスや欧米の研究結果から解明されたため、現在は厚生労働省も妊娠前からの夫婦での葉酸摂取を呼び掛けています。

特に胎児の脳や脊髄が作られるのが妊娠4週目から12週目と言われており、その時期の葉酸はより重要です。
また、厚生労働省は妊娠前の妊活時期から両親が飲むこともとても重要だと推奨しています。

夫婦で妊娠を希望するならできるだけ妊娠する3カ月程度前から葉酸サプリを摂取することをおすすめします。

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ