葉酸サプリを摂取すると腹痛になる時がある?

妊娠中の女性の強い味方、葉酸サプリ。ママの健康を守り、また、赤ちゃんを先天的異常から防いでくれます。

しかし、葉酸サプリは過剰摂取をすると体調に変化が出てくるのは確かで、中には「腹痛」を感じる妊婦の方もマレにいると言われています。
そのメカニズムとは…?

葉酸サプリが消化器系に影響を与える場合も

基本的に葉酸サプリは医薬品ではないのですが、過剰摂取すると体調にも変化が出てきます。
不眠、蕁麻疹、体の怠さなど…もっとも水溶性のビタミンということもあり、一時的な症状に終わることがほとんどです。

消化器系にストレスがかかるのも確かですが、軽視できるレベルでしょう。

不妊治療中の方に多い症状

どちらかといえば、葉酸を使って「不妊治療」をしている方に、腹痛の症状はよく表れてきます。

これは、特に排卵誘発剤(セロフェン)と葉酸サプリを同時に使った場合に、発生しがちな副作用です。

セロフェンの効果は、視床下部の脳下垂体に働きかけ卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)の分泌を促します。排卵誘発剤という名前ではありますが、直接的には排卵させる効果よりも卵を成熟させるための薬と考えておけばいいでしょう。

もちろん、二つを併用すること自体に問題はありません。

腹痛は深刻な副作用ではないのですが、お母さんとしては不安になってしまいます。
もっとも、「問題ない」とわかるとストレスも減り、精神的に安定して、不妊治療もうまく進めていけます。

腹痛は「試練」だと考えて、あまりシリアスにならずに乗り切りましょう。

常識を超えた過剰摂取にさえ気を付けていれば、葉酸サプリは副作用の心配も無く、毎日簡単に続けていっても何も問題ありません。
忙しい方でも錠剤ならば持ち歩けるので、ぜひ妊娠の予定がある方や、妊娠中の方は、自分のため、そして赤ちゃんのために、始めてみてください。

>>出産経験者がつくったの安心葉酸サプリはこちら

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ