葉酸サプリを摂取したら蕁麻疹が出た?

葉酸サプリの1日の推奨摂取量は、400マイクログラムです。厚生労働省もそのように通達しているので、間違いのない数字と言えます。

また、1000マイクログラムを超えた量を摂取すると、体調に変化が出てくる可能性があります。
その代表的な例が、「蕁麻疹」です。

医薬品ではないから本来心配ないものだけど…

まず明らかにしておきたいのは、葉酸サプリによる蕁麻疹は、そこまで深刻な症状ではないということです。
栄養を過剰に摂取すると、しばしばそうした体調の変化は起こります。
葉酸は水溶性ということもあり、尿として体外に排出されていきます。

つまり時間の経過と共に、確実に蕁麻疹は治っていくので、そこまで不安になるような必要はありません。

もし蕁麻疹が出てくれば、葉酸サプリを摂りすぎという「サイン」と見なし、少しだけ量を減らす、一日抜いてみる、などしてみましょう。

それだけで様子も変わってきます。

摂取量などはこちらの記事を参考に→葉酸サプリの1日摂取目安量は?

ポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型

世の中の葉酸にはポリグルタミン酸型の葉酸とモノグルタミン酸型の葉酸という2種類が存在しています。
ポリグルタミン酸型の葉酸、という種類には注意してください。
これは体内での吸収率が悪いので、知らぬ間に過剰摂取となり、蕁麻疹を引き起こしてしまう危険が増えてきます。

ちなみにポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型では2倍吸収率が違うと言われています。

「自分だけが苦しむなら我慢できる」
「だからもっと赤ちゃんに栄養を…」
という思いで蕁麻疹を辛抱し、葉酸サプリをもっと摂ろうとするお母さんもいるかもしれませんが、気を付けておく必要があります。

ママにストレスがかかれば、当然赤ちゃんにも悪影響が出るので注意しましょう。

>>モノグルタミン酸型で安心安全の葉酸サプリはこちら

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ