卵子の老朽化対策「ビタミンE」

「妊娠ビタミン」とも呼ばれるビタミンEは、妊娠を目指す女性とは切っても切れない栄養素の1つです。

その働きには、ホルモンの調整をはじめとし、卵巣の重さの増加、排卵の促進などがあり、月経周期を整えることにもつながってきます。

生理が来ない、無排卵生理の周期が乱れがちなどの悩みを抱えた女性の治療にも使われているビタミンです。

ビタミンEの主な働き
・ホルモンを活性化させる
・活性酵素を除去する
・エイジングケア効果
・血行をよくする
・冷え性を改善する
・むくみを改善する
ビタミンEが不足すると
・冷え性になる
・体が重くなる
・頭痛、肩こりになる
・生理不順になる
・老化が進む

ビタミンEの血行促進作用

卵子が老化する原因の1つに、年を重ねると共に卵胞へと延びる血管が長くなり、十分な栄養が卵子に伝わらないことがあげられます。

そこで必要となるのが、ビタミンEの血行促進作用です。
血流が良くなれば、卵子に必要な栄養も届きやすくなります。

さらに妊娠中は、赤ん坊へとつながる胎盤の血流もまた促して、酸素・栄養素を運んで行きます。

その他、出産時には赤ん坊の酸欠を防ぎ、産後は母乳の出をよくするという、「妊娠ビタミン」と称されるにふさわしい、実にさまざまな働きをしてくれるんです。ホルモンバランスが整うことはお母さんの精神の安定にも影響するので、やはり非常に有用な栄養素といえます。

さらに見逃せないのが、卵子の酸化(老化)を予防する、ビタミンCと同様の抗酸化作用です。

ビタミンEは常にビタミンCと一緒に摂って、相乗効果で卵子のアンチエイジングに取り組みたいところ。

常に若々しい卵子を維持することにもつながり、安全な出産の実現に一役買ってくれます。

>>ビタミンEが豊富に含まれている葉酸サプリはこちら

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ