妊娠体質をつくる「鉄」

たんぱく質に次いで妊娠に欠かせない栄養素が鉄です。
鉄は粘膜をつくる材料になるので、子宮内の環境を整えるのに不可欠です。

鉄が含まれている葉酸サプリも多く販売されている通り、鉄の働きとしてよく知られているのが、赤血球をつくったり、体内に酸素を運ぶこと。

鉄が不足していると、貧血になったり疲れやすくなるのはこのためです。

主な働き
・赤血球をつくる
・体内に酵素を運ぶ
・骨、皮膚、粘膜の代謝と関係する
・コラーゲンの合成に関係する
・白血球、免疫に影響する
・知能・情動に影響する
不足すると
・貧血になる
・めまいや耳鳴りがする
・血色が悪くなる
・シミやニキビができる
・爪が弱くなる
・集中力がなくなる

鉄は美容・美肌効果としても大切

鉄は、美容面でも大きく影響します。シミやシワを防ぐなど、美容効果があるのです。

たとえば美容にいい栄養として知られているコラーゲンは、食べてもそのまま吸収されるわけではありません。

コラーゲンは体内に入るときに分解されてしまうのですが、それを再合成するときに必要なのが鉄です。

また、ニキビや湿疹ができやすいのも、鉄欠乏のサインです。
鉄は体内のさまざまな場所に分布していて、そのうち7割が赤血球に含まれます。

そのほかには血清鉄、組織鉄、フェリチンに含まれています。

鉄不足が潜在的な鉄欠乏招く

一般的な貧血検査では、赤血球に含まれるヘモグロビンの値などを基準にしますが、クリニックなどで行なう血液検査で重視されているのはフェリチン値。

フェリチンとは貯蔵鉄、いわば貯金している鉄です。
潜在的な鉄欠乏とは、このフェリチンが少ない状態をさします。

鉄分は、まずこの貯蔵鉄から減っていきます。
赤血球中のヘモグロビンは、よほど鉄欠乏が進行しない限り減らないのです。

だから、健康診断で「貧血」と診断されなかったからといって、喜んでいてはいけません。

ほとんどの女性のフェリチン値は低く、「潜在的な鉄欠乏」の状態であると言えます。

潜在的な鉄欠乏の状態では、さまざまな体の不調が出てきます。
たとえば頭痛やめまい、手足の冷えといったことも鉄欠乏が原因になっていると考えられるのです。

月経で毎月一定量の鉄を消耗してしまう女性は、男性以上に鉄が必要ですが、妊娠前であれば一日2㎎、妊娠中なら一日4㎎使われてしまいます。

妊娠前から鉄欠乏の状態で妊娠すると、お母さんだけでなく赤ちゃんも栄養不足になってしまいます。

鉄分を補うには何を食べればいいの?

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。

ほうれん草やひじきなど植物性食品に含まれる鉄は非ヘム鉄で、たんぱく質と結合していない鉄です。

実は非ヘム鉄は吸収率がとても悪いのです。
一方、ヘム鉄はたんぱく質と結合している鉄。

その吸収率は非ヘム鉄の5~10倍。積極的にとってほしいのはヘム鉄のほうで、肉や魚、卵などの動物性食品に多く含まれています。
肉や魚などを極端に食べないでいると、重度の鉄欠乏になり、妊娠体質からは遠ざかってしまいます。

ぜひヘム鉄たっぷりの動物性食品も意識してとるようにしましょう。

>>鉄も多く含まれているサプリはこちら

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ