子どもの知能・健康を左右する「胎児の食育」

よく子どもの時から食育を、言われていますが、これを「胎児の食育」と呼んでおり、多くの妊娠前の女性に知ってほしいことです。

妊娠中に母親が葉酸サプリなどでしっかり栄養摂取を続け、生まれてくる赤ちゃんのことを「ビタミンベビー」と呼んでいます。

ビタミンベビーはたいてい満期産で出生体重3000g前後という適切な体重で生まれてきます。

必要な栄養素が満たされて生まれてくるビタミンベビーは、例外なくいつもご機嫌で育ちやすく精神的にも安定しています。

子宮の居心地がいいので適切な時期までお腹の中で育ち、そこから生まれてくるからだと思います。

生まれてからも

「夜泣きがない」
「いつも穏やかでご機嫌がいい」
「まとめてよく寝てくれる」
などの特徴があります。

なので母親も育児に余裕ができ、安定した生活を送っているのです。

普通の赤ちゃんとビタミンベビーの違い

そのほかにもビタミンベビーと普通の赤ちゃんの違うポイントは、風邪や感染症にもかかりにくく、アレルギー症状がないことです。

感染症やアレルギーは生まれた後の環境も影響すると言われていますが、胎内環境の影響が大きいことも確かです。

母親のお腹にいる時からしっかり免疫を獲得し、生まれた後も栄養たっぷりの母乳を飲むことで病気にかかりにくくなります。

元々初乳には赤ちゃんに必要な免疫が含まれた栄養がたっぷり入っています。

皮膚や粘膜をつくる働きのある亜鉛もとても豊富なのですが、亜鉛が欠乏してしまっている妊婦さんが多いのが現状です。

葉酸サプリを摂取することで妊娠中に必要な栄養素が十分補給できるので、母乳の栄養は普通の人以上、アトピー性皮膚炎や喘息などアレルギー症状も出にくいと言えます。

赤ちゃんの歯にも影響

赤ちゃんの歯は胎内にいる時からつくられています。

乳歯の芽とも言われる歯胚は胎生7週目にはすでにつくられるので、妊娠中の母親の栄養状態が大きく影響するのです。

カルシウムをしっかり摂るというのはよく知られていることですが、その他にもタンパク質、ビタミンA、C、D、鉄、亜鉛なども歯の形成に必要なのです。

赤ちゃんは羊水を通して味覚を刺激されます。

妊娠中に甘いものばかり食べていると、甘いもの好きの子どもが生まれてくると言われますが、母親がどんなものを食べるかは赤ちゃんの歯や味覚の健やかな発育にとても重要なのです。

健康面だけでなく知能面でも影響します

ビタミンベビーのメリットは健康面だけでなく、>知能面でも影響があると言われています。

特にビタミンB群とDHA、EPA、タンパク質は子どもの知能アップには欠かせない栄養素です。

B1なし B1摂取(1年間)
記憶力 100 175
反応の早さ 100 120
知能の発達 100 215
物事に対する興味・関心 100 530

※ビタミンB1(1日2mg)が子どもの頭脳学習に与える効果(9~19歳)

上記の表にあるようにビタミンB1を摂取した子どもは記憶力が圧倒的に高く、反応の早さもアップしています。

また知能の発達は倍以上の数値を示しています。

そして物事に対する興味・関心度の数値が5倍以上になっていることも驚きです。

妊娠中から適切な栄養を摂取することの大切さとメリットがよく表れています。

>>妊娠に必要な栄養素が入った高品質葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ