卵子の老朽化を防ぐ「コエンザイムQ10」

美容成分の1つとしても注目されているコエンザイムQ10、その名前をご存じの方も多いかと思われます。
抗酸化作用が主な効果で、アンチエイジングに役立つ成分なんです。

人間の体内でもつくることのできる成分ですが、その数には限りがあります。

老化対策成分のコエンザイムQ10

ビタミンEは活性酵素を取り除く際、サビついてしまうというネックがあり、それをリサイクルしてくれるのがビタミンCというのは有名なお話です。
実はこのコエンザイムQ10もまた、ビタミンCと同じ仕事をし、卵子の老化をより強力に防いでくれます。

体内のあらゆる細胞に存在するコエンザイムQ10。
より正確にいえば、それぞれの細胞内にあるごく小さな器官で、エネルギーを生み出すミトコンドリアの中に存在し、そこで「抗酸化作用」という役割と、さらにもう1つ「エネルギー生産」を助ける仕事をしています。

卵子の中にはとりわけたくさんのミトコンドリアがあります。
活動に必要なエネルギーを生み出す際には活性酵素が発生しやすいため、その分酸化も進みやすいのですが、それをコエンザイムQ10はカバーしてくれるわけです。

【ミトコンドリア】
真核生物の細胞小器官である。二重の生体膜からなり、独自のDNA(ミトコンドリアDNA=mtDNA)を持ち、分裂、増殖する。mtDNAはATP合成以外の生命現象にも関与する。酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られている。また、細胞のアポトーシスにおいても重要な役割を担っている。

しかし、エイジングと共にこの成分は必然的に減少してしまうので、抗酸化作用が低くなります。
意識して摂取しなければ、卵子の酸化は加速するばかりです。

妊娠しやすい体質を維持するためにも、多く摂りたいコエンザイムQ10ですが、残念ながら食品に含まれている量はあまり多くありません。
いつでも手軽に、そして確実に摂取できるサプリメントなどを利用して補給しましょう。

>>コエンザイムQ10配合の妊活サプリメントはこちら

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ