葉酸サプリはいつからいつまで飲めばいい?摂取期間とは?

葉酸サプリには多くの栄養素が含まれており、妊娠前後の女性にとって必要なものという認識は広がりつつまります。
ただし、具体的に「いつからいつまで葉酸サプリを飲めばいいのか」と点になると、あまり正しく理解できていない人も少なくないようです。

妊娠前の妊活中から飲むことが大切!

葉酸には、赤ちゃんの発育(脳・神経の成長)を助ける役割があるため、葉酸サプリの摂取は、なるべく妊娠前(妊活中)からをお勧めします。
厚生労働省も妊活中からの摂取を推奨しており、体内への吸収率が高いサプリメントでの補給を促しています。

実は赤ちゃんの脳ができるのは、妊娠初期でもかなり早い約1カ月半頃という時期なので、ママによってはまだ妊娠に気づいていない場合も…。
このタイミングで葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんの脳の発育に影響が出るケースもあるので、妊娠前からの摂取が理想とされているわけです。

葉酸は神経管閉鎖障害などの胎児の先天的異常を防ぐだけでなく、「造血」の役割をサポートして、厚くて丈夫な子宮内膜を作ってくれます。

また、葉酸サプリの種類によってはビタミンEなどのホルモンバランスを整える栄養素が含まれているものもあるため、着床しやすく、流産しにくい体を得るために、妊娠前からの摂取が必要となるわけです。

毎日摂取したい栄養素ではありますが、食事から十分な補給をすることは難しいため、サプリメントでの摂取がポイントとなります。

妊娠初期は必須栄養素

葉酸は妊娠初期こそ必須の栄養素です。
胎児の先天的異常を防ぐためはもちろん、妊娠すると赤ちゃんに多くの栄養を届けなければいけないため、血液が不足気味になってしまいます。
造血作用の高い葉酸を摂取することで妊娠時の貧血に備えることができます。

また、葉酸サプリメーカーにもよりますが、一緒に配合しているビタミンB6などはつわりを軽減させる効果もあるため、妊娠初期も積極的に摂取することをおすすめします。
葉酸サプリは貧血にも効果がある

妊娠後期はいつまで飲む?

妊婦赤ちゃんに先天的異常が起こりやすいのは、妊娠初期~7週目前後です。

細胞分裂が頻繁になる時期でもあり、胎児はたくさんの葉酸を必要とします。

期間については諸説ありますが、大体「妊娠12週目まで」が推奨されています。
このタイミングを過ぎれば、ひとまず葉酸は大量に必要とされなくなるので、授乳期からの摂取は自分の体調と相談しながらとして、続けるのが辛ければここで補給を止めてもOKです。

食品から摂ることは難しいので、葉酸の摂取には、葉酸サプリを使いましょう。
ホウレンソウや大豆を毎日の献立に組み込むよりずっと楽で、手軽なので、出先でも重宝します。

白髪予防!葉酸でアンチエイジング

葉酸は妊活・妊娠中の女性だけではなく、出産後も必要な栄養素として近年は美容成分としても非常に注目されている栄養素です。
肌の調子を整えるというのはもちろん(参考:葉酸サプリは肌荒れも防止してくれる?)、白髪予防にも葉酸は効果的です。
葉酸は体内のDNA・RNAの生成を助け、赤血球をつくるために働く他、髪の色をつくるアミノ酸を生成する役目を担っています。

このように出産後でも葉酸を摂取するメリットはたくさんあるため、現在非常に注目の栄養素と言われているのです。

>>一番売れている葉酸サプリは?

葉酸サプリの摂取期間に関する詳しい記事はこちら

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ