葉酸サプリを薬と飲み合わせても大丈夫?

薬葉酸は食物に含まれる栄養素なので、摂取したサプリメントそれ自体が体の中で悪さをすることはありません。
健康食品として販売しているメーカーがほとんどです。
ですので、どのメーカーに問い合わせても薬と飲み合わせても問題ないという回答がくるはずです。

ただし、飲み合わせる薬の種類によっては健康に害が出てくる可能性もあります。
その辺りは十分に注意し、医師の指示も仰ぎながら服用を判断する必要があります。

代表的な2つの薬との飲み合わせは禁忌!

葉酸には、飲み合わせが悪い薬がいくつかあります。
特に、以下の2つの薬を服用している方は、葉酸サプリを摂る前に、必ず医師に相談してください。

フェニトイン

抗てんかん剤の一種です。葉酸と一緒にとると、てんかんの主症状である痙攣に対する抗力が減ってしまいます。深刻な事態を招きかねないので、服用は避けてください。

ソラゾスルファピリジン

サルファ剤の一種です。葉酸の吸収率を低下させてしまいます。ただちに健康に害をきたすものではありませんが、服用前には信頼できる医師への相談をおすすめします。

また、ドラッグストアや薬局で葉酸サプリを購入する場合は薬剤師に聞いてみることもできます。
参考記事→ドラッグストアで購入できる葉酸サプリについて

ハーブ系のサプリメントと医薬品の相性が悪い

ハーブ系のサプリメントは医薬品と作用が似ているものがあるため、こちらもできるだけ避けた方がいいと言われています。

クロレラ・ビタミンK

クロレラ・ビタミンKは抗血液凝固剤薬に近い作用を持っています。
そのためワーファリンと言った血栓ができるのを防ぐ薬を普段飲んでいる人は気をつけましょう。

クロム

糖尿病などでインスリンが処方されている方はクロムが配合されているサプリメントを飲むと、インスリンの働きを強め、血統が下がりやすくなることがあります。
そのため、クロムが入っているサプリメントを飲む際は栄養に詳しい医師に相談してみることもおすすめします。

アルコールも良くない!

先生薬の中には微量のアルコールを含むものもあります。そうした薬と葉酸の飲み合わせも基本的には禁忌です。
さらにいえば、お酒を飲んだ後も葉酸サプリの摂取はおすすめできません。
葉酸は水溶性の成分ではありますが、一時的に体調が悪化する危険があります。

女性の場合、自分の体を守ることは、そのまま赤ちゃんの健康を守ることにもつながってきます。
もし複雑な種類の薬の組み合わせを摂取している場合は自己診断せずに、きちんと専門家の意見を聞いてから判断してください。
特に不妊治療の方などは医師に相談してみましょう。

もっとも葉酸サプリの販売会社には葉酸などの成分に詳しいスタッフがいるため、問い合わせみることもできます。
特にベルタ葉酸サプリはお客様サポート体制がしっかりしているので非常に安心です。

葉酸は赤ちゃんの健康のために飲んでおきたい栄養素

葉酸は赤ちゃんの健康のためにも飲んでおきたい栄養素です。
赤ちゃんの二分脊椎や無脳症などの神経管閉鎖障害予防のために厚生労働省も推奨しているほど。

葉酸欠乏症にならないように、そして1日の推奨摂取量である400マイクログラムを守って過剰摂取にならないように摂取していきましょう。

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ