卵子のために葉酸サプリを摂取しよう

卵子葉酸を摂取することで妊娠しやすい体になると言われています。
他にも卵子を元気にするとも言われ、流産を防ぐことも期待できる栄養素だと言われています。
卵子のためにも葉酸サプリを摂取することが、今では厚生労働省でも推進しているのです。
つまり国が認めている妊娠のための大切な栄養素だということになります。

卵子が元気になるってどういうこと?

卵子の老化を遅らせる

特に女性の年齢が高くなるにつれて、卵子もどんどん老化していくと言われています。
例えば20代の女性は、10代の卵子にすることは絶対にできません。
30代の女性は20代の卵子にすることも絶対にできません。
しかし、30代の女性が30代の卵子のまま、40代になっても30代の卵子のままでいることができるのです。
つまり葉酸サプリをずっと摂取することで、卵子の老化を遅らせることができるのです。
妊娠を希望している女性は、少しでも卵子の老化を遅らせ、良い状態の卵子で妊娠できるようにするのです。
参考記事→35歳を過ぎても妊娠体質に変える方法

妊娠も卵子が元気でなければ

妊娠をするためには、精子と卵子が受精します。
そして、その受精卵が無事に子宮内膜に、着床するということが必要になります。
葉酸は着床の手助けをしてくれる栄養素なのです。
そして流産の防止にも役立つので、妊娠しやすくなると言われているのです。
卵子がしっかり着床すれば、それだけ早く妊娠します。
妊娠を希望している夫婦にとっては、絶対に必要な栄養素なのです。

強い抗酸化力によって卵子を守る

葉酸はとても強い抗酸化作用があります。
そこで卵子の酸化をしっかり守ってくれるのです。

血液生成効果が卵子を強くする

葉酸は血液生成にも欠かせないビタミンで、ビタミンMと言われています。
これはモンキーの貧血に高い効果があったことから、発見されたビタミンだったために、モンキーのMが付いたと言われています。
つまり、それほど造血効果が高く、造血には欠かせないビタミンなのです。
新鮮な血液が生成されることで、卵子も強く元気になります。
これが卵子の老化を防ぐことにも関係しています。

流産しないための葉酸効果

葉酸葉酸の効果は妊娠するためだけでなく、妊娠した後のお腹の赤ちゃんが、流産しないようにしっかり守ってくれます。
葉酸は流産の原因になる、神経管閉鎖障害を予防する効果も期待できます。
お腹の中の赤ちゃんは、中枢神経系のおおもととも言われる、神経管が上手につくられないことがあります。
神経管の下部に問題があると、無事に生まれてきても膀胱や直腸の機能が悪かったり、歩けなかったりということが起こります。
神経管の上部に問題があれば、脳に異常が起こることもあるのです。
そして、このように神経管に問題があると、無事に生まれてくる前に流産してしまうこともとても多いわけです。

神経管閉鎖障害を予防する効果のある葉酸は、赤ちゃんをしっかり守ってくれる栄養素なのです。
参考記事→流産予防のために葉酸サプリを摂取しよう

また、妊娠中に赤ちゃんに、新鮮な血液が運ばれないことでも流産をします。
新鮮な血液には、大切な栄養素や酸素がたくさん含まれています。
それが少なくなって、赤ちゃんにあまり運ばれなくなってしまうと、流産、死産ということになってしまうのです。
お腹の中の赤ちゃんを、無事出産することができるようにするためにも、葉酸はとても重要な栄養素なのです。

>>安心の高品質成分配合葉酸サプリはこちら

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ