葉酸とマカの効果の違いを知ろう

葉酸とマカというと、その効果が似ていると思われているところがありますが、どのような違いがあるのでしょう。どちらも妊活には良いとされていますが、どのように考えればいいのでしょう。

マカと葉酸の特徴

葉酸の特徴

葉酸葉酸は2000年より厚生労働省からも妊娠を考えている女性に、1日400ugの摂取が好ましいと通知が出た成分で妊活から妊娠中、出産後、授乳中まで高い効果があるというものです。
特に妊娠前はDNAの書き換え異常を予防し、妊娠後も正しい細胞分裂を司るため奇形などのリスクが減少します。

もちろん胎児、そして誕生した赤ちゃんの成長のためにもとても大切な成分です。
そして造血にも欠かせないビタミンなので、赤ちゃんだけでなくママの体にとっても、貧血予防などにも効果があります。

マカの特徴

maca01それに比べてマカの場合は、ビタミン、ミネラルやアミノ酸が驚異的に豊富な植物と言われていますが、生殖器の不調に特に効果があります。
妊娠のためのパパやママの体の管理に効果があり、女性としてはホルモンバランスの正常化や不妊症改善・冷え性対策、また男性としては性的活力の弱い人にもマカはおすすめです。

このようにマカと葉酸はそれぞれの役割があるようです。

妊娠中におすすめの葉酸と妊活のためにおすすめのマカ

妊活のために摂取したいマカ

マカの場合、マカの生産地であるアンデス地域では、妊婦もマカを食べていると言われています。
特にマカは野菜の一つなので、栄養素の高い野菜として用いられているのです。

とはいっても原産国以外はサプリ原料の形でしか輸出されていないので、わたしたちが手に入るのはサプリのみです。

マカの効果が必要とされるのは精力増強などの目的もあり、特に妊活中なので妊娠中にも積極的に摂取をお勧めするメーカーはありません。
ただし妊活で飲んでいたため、妊娠に気付くまで飲んでいてもまったく問題ありません。飲んではいけないものではないということです。

赤ちゃんの健康のために摂取したい葉酸

それに比べて葉酸は妊娠前の男性の精子や卵子の生成のときから大きく影響があります。
そのため妊活のときから飲むことで、神経管閉鎖障害などの遺伝子の異常からくる奇形などを防ぐことができるのです。

つまり健全な精子と卵子が作られるためにも重要なビタミンと言えます。

そして妊娠してからも胎児にしっかり栄養を届け、また細胞分裂を正常に助けてくれる大切なビタミンなので続けて飲みましょう。
出産後の授乳にも大切なビタミンなので、授乳が終るまではしっかりのみたいビタミンなのです。

サプリメントとしての注意点は

マカの場合

マカは原産国であるペルーでは、マカそのものの出国を禁止して国の宝として管理されています。
そのためマカは粉末状態で他の国に輸出されることになります。

中でも普通栽培農家のマカと有機JSA認定を受けた農家のマカなどがあるので、安全性の高いものを選ぶようにしたいものです。
また純度の高いマカを確かめながら購入しましょう。

葉酸の場合

葉酸はビタミンB9であって、合成ビタミンのサプリもありますが、天然由来成分から抽出した素材で作られた葉酸サプリを選びたいものです。
また葉酸とセットで摂取することで造血作用が高まるビタミンB12、つわり軽減効果のあるビタミンB6、その他にも鉄分、カルシウム、亜鉛などの成分が配合されているものもおすすめです。

ただし葉酸は1日の摂取量が400ugあるものを選ぶようにしましょう。

>>葉酸サプリの正しい選び方とは?

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ