高齢妊活夫婦も葉酸サプリを摂取しよう

夫婦葉酸サプリは特に高齢の妊活中の夫婦におすすめです。

というのもやはり高齢になればなるほど、精子・卵子の勢いや元気はなくなり妊娠がしにくくなると言われております。

(※高齢出産というのは現代では35歳以上の方のことを言うそうです)

これは出産の経験は関係ありません。

そこで夫婦で葉酸サプリを摂取しておくことにより、元気や精子・卵子を育て、着床しやすくしてくれるのです。

知られていない卵子の老朽化

卵子は母親のお腹の中にいる胎児期に一生分がつくられます。

卵子の数は胎児期がピークで約700万個、出生時には約100万個まで減少し、排卵が始まる第二次性微期の頃には約40万個と年齢を重ねるごとに減少していきます。

卵子は生まれた後に新しくつくられることはないので、母体の年齢が上がるということは卵子も年をとっていくことになります。

卵子は排卵にストックされた状態で、毎月の排卵を待っているので、例えば35歳の女性なら排卵された卵子は胎児期の1年がプラスされて35年プラス1年となるのです。

35年以上卵巣にストックされていると考えると、卵子の老化は避けられないと思っている方は多いです。

>>卵子の老化予防に葉酸サプリは効果があるのか?

昔に比べて卵子の実年齢が高くなっている…

昔の女性に比べて最近の女性は卵子の実年齢より高いと言われています。

不妊治療の際に今注目されている抗ミュラー管ホルモン値というものがありますが、これは育つ卵胞が卵巣内にどのくらい残っているのかを表す数値です。

卵巣の機能を判断する目安となり、卵巣年齢も高くなりますが、卵子の質を示すというものでもないのです。

40歳を過ぎてからの妊娠の確率は・・・

ママと赤ちゃん一般的に40歳を過ぎてからの妊娠の確率は2%、つまり100人いたら2人だけと言われています。

不妊で悩む多くの女性は卵子の老朽化が進み、妊娠できないことへのストレスから食生活も乱れ、正しい栄養素も補給できていません。

そこで、正しい栄養素を補給してあげることで、卵子の老朽化は止めることはできないですが、卵子の老朽化を遅らせることはできるのです。

現代女性の卵子老朽化が急速に進んでいるとしたら、正しい栄養素を補うことで目に見えない細胞レベルで若返り、それを遅らせることをしなければいけません。

年齢を重ねるにつれて高まる高齢妊娠のリスク

年齢を重ねることで自然妊娠の確率は落ちていくことの他にも、高齢妊娠のデメリットはいくつか存在しますが、代表的なものが、

  • 染色体異常が起きる確率が高くなる
  • 先天性異常の確率が高くなる
  • 流産を起こしやすくなる

といった例です。

染色体異常が起きる確率が高くなる

染色体異常が起こる確率が高まるのも高齢妊娠のリスクの1つです。
35歳以上の方で134人に1人、40歳以上の方で40人に1人の確率で起きると言われています。

また、染色体異常には様々な種類があり、

・ダウン症
・エドワーズ症候群
・パトー症候群
・ホモシスチン尿症
・ターナー症候群
・メープルシロップ尿症

などといった症状があります。

>>神経管閉鎖障害の症状とは?

先天性異常の確率が高くなる

赤ちゃんの先天性疾患の1つ、神経管閉鎖障害も高齢での妊娠によって起こる可能性が高まってしまいます。

発症率としては1万人に3~5人程度とされていますが、この数字はあくまで平均的な数字のため、年齢別に見るとやはり高齢妊娠での確率は上がることになります。

代表的な先天性異常は、

・二分脊椎症
・無脳症

といった症状です。

流産を起こしやすくなる

流産は年齢が上がることによりその確率は高まってしまいます。
特に高齢妊娠と呼ばれる35歳以上の流産の確率は25%

40歳以上になると40%、45歳以上になると50%という確率になってくるそうです。

せっかく着床に成功して妊娠できたとしても流産してしまっては精神的にもダメージを受けてしまいます。
そのため、できるだけ流産にしにくい体質をつくれるかも高齢妊娠では大切になってきます。

染色体異常や先天性異常が原因になって流産してしまうこともあります。

高齢妊娠の様々リスクを低減してくれるのが葉酸サプリ

葉酸上記で解説した高齢妊娠によるリスクを低減してくれる役目を持っているのが葉酸サプリということになります。
また、高齢になると流産の確率が上がってしまいますが、葉酸サプリを摂取することによって流産の確率を減らすこともできます。

葉酸には先天性異常や染色体異常のリスクを減らす

先天性異常や染色体異常予防のために、厚生労働省が2000年に正式に葉酸の摂取を呼びかけ始めました。
それは葉酸には先天性異常や染色体異常のリスクを減らす効果が期待できるからです。

しかし葉酸は水溶性ビタミンなので普段の食事から十分な量を補うことができません。
そこでサプリメントになった葉酸サプリを利用することで必要な摂取量を補うことができるのです。

そのため、葉酸サプリは現在では産婦人科などでも摂取を推奨されています。

また、葉酸は女性が飲むものというイメージが強いですが、男性が飲むことによって精子の染色体異常のリスク低減に働きます。
特に高齢での妊活を考えている夫婦であれば、しっかり葉酸を摂取することをオススメします。

>>高齢妊活中の方に選ばれている葉酸サプリはこちら

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ