葉酸サプリに入っている成分とは?

葉酸葉酸サプリは不妊症改善、流産予防、元気な赤ちゃん誕生のためには、欠かせないサプリとも言えるのではないでしょうか。
葉酸自体、妊娠しやすい体をつくり、また妊娠してからも胎児の成長を守ってくれます。
正常な遺伝子がきちんと妊娠できるように、精子や卵子を健全にしてくれるので男性も女性も夫婦で飲むことが勧められています。

さて、葉酸サプリというと、もちろん葉酸だけではなく、それ以外に妊娠しやすくなり、スムーズな出産のために効果のある成分が含まれています。
成分によっては副作用などがあるのかと気になる方もいるかと思います。
もちろんメーカーにもよりますが、多くの葉酸サプリに含まれている成分をご紹介しましょう。

ビタミンとその他栄養たっぷり

葉酸

現在各メーカーから発売されているサプリメントは厚生労働省の推薦している1日400㎍を一粒で飲めるようになっている葉酸サプリがほとんどです。
葉酸は合成葉酸と自然葉酸がありますが、合成葉酸が悪いということではなく、価格や効果などを考えると合成葉酸でも問題はありません。
400マイクログラムもあれば十分なので、この数値を参考にいくつかの商品を試していけば、お気に入りが見つかるはずです。
しかし天然素材にこだわるのなら、天然素材のものを選ぶようにしましょう。

鉄分

女性の体に決して欠かすことができない、血液を作るための主成分です。これもほぼすべての葉酸サプリに入っており、女性の体と胎児の健康を、内側から応援してくれます。
葉酸と鉄分はコンビで造血ができるため、最高の相性なのです。また、鉄分は貧血予防としても大切な成分ですね。

食物繊維

日常生活から便秘に悩まされている女性には、嬉しい成分です。特に妊娠すると女性はホルモンバランスを崩すため、便秘になりやすいと言われています。
食物繊維を多く摂ることで、腸内環境も良くなり便秘予防にもなります。含有量をよく調べてから選ぶと良いでしょう。

マカ

南米のアンデスの高山にしか群生してないという、インカ帝国時代から大切に育てられた植物です。マカは完全食と言われるほど、完全な栄養が含まれている植物です。ペルーでは国の宝として国が管理し、国外にはマカの根のパウダーしか輸出されません。それほど、マカは価値のあるものなのです。
マカの成分が生殖機能を活発にしてくれることから、女性ホルモンを活発にし、排卵障害や生理不順なども改善してくれます。
不妊症には葉酸と並んでおすすめの成分であり、このマカと葉酸は不妊症や妊娠中には、最高の取り合わせとも言えるのではないでしょうか。
詳しくはこちらでも説明しています→葉酸とマカの効果の違いを知ろう

良い成分が配合されていてもすぐ効果が出るわけではない

女性葉酸サプリは摂取したら、すぐに効果が出るとは限りません。
もし妊娠の希望があるなら、是非少し前から毎日続けて摂取するようにしましょう。
「もし妊娠中に葉酸サプリの素晴しさを知った人はもう遅い?」
「出産間際に知ったのであれば、もう摂取しても意味ない?」
そんな疑問も出てきそうです。

しかし、そんなことはありません。妊娠中の赤ちゃんの成長を促す成分としても葉酸は欠かせません。
そして母乳をつくるためにも、血液がとても重要になります。
新鮮な血液を、どんどんつくるために欠かせないビタミンなので、授乳時の赤ちゃんのためにも絶対におすすめです。
葉酸はいつからでも、気が付いたときからすぐにスタートしましょう。

そして、妊娠後のダイエットにも効果があります。特に授乳をしているときには、ダイエットはあまりお勧めできません。
しかし葉酸を摂ることで血液が十分つくられるので、血行も良くなり代謝がアップします。
つまりダイエットをしなくても、痩せやすい体質にしてくれるので、普通に赤ちゃんの世話や家事などを忙しくしているだけで、十分ダイエットができるのです。

>>妊活中の女性に1番選ばれている葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ