薄毛・抜け毛対策!葉酸の育毛効果とは

薄毛・抜け毛対策!葉酸の育毛効果とは

妊娠中、出産後の薄毛、抜け毛対策にも葉酸は高い効果があると言われています。赤ちゃんのためだけでなく、ママにも嬉しい効果がいっぱいの葉酸は妊娠中欠かせません。

産後抜け毛が気になっていませんか

産後急に抜け毛が気になるようになったという人がとても多くなります。
シャンプー中にもドライヤー中にも抜け毛が気になったり、分け目が大きくなったようになったりと、不安な状態になることもあります。

特に赤ちゃんに栄養を取られてしまったのかなど、いろいろ考えてしまったという人も多いのではないでしょうか。

妊娠から出産のホルモンの乱れ

hair02特に産後半年~1年は抜け毛がとても多くなることもありますが、それは産後脱毛症と言われる現象です。

妊娠中は女性ホルモンが活発になりヘアサイクルが変わってしまうことがあります。
女性は卵胞ホルモン優位になって排卵を迎え、黄体ホルモンが優位になります。
受胎をするとそれから以降ずっと妊娠中は黄体ホルモン優位のままになり、妊娠後期になって卵胞ホルモンが優位になります。

分娩までのプロゲステロンとエストロゲンともに分泌量は最大になりますが、分娩を機にホルモン分泌量は一気に減ります。
もとの分泌量に戻っただけなのに妊娠中の分泌が異常に多かったために、その影響はとても大きくなるのです。

そのため出産すると髪の毛が一気に休止期に突入してしまい、産後に抜け毛が増え、新しい毛が生えないことから薄毛になっていきます。

頭皮環境の悪化

それだけでなく授乳のためにママの栄養素が赤ちゃんにだいぶ流れて行ってしまいます。
また皮膚を守るエストロゲンも妊娠中分泌のピークからガタンと出産を機に減ってしまったことによって、頭皮のダメージも大きくなり脱毛が起こりやすくなります。

授乳のためミネラル不足や血行不順、栄養不足によって毛母細胞の細胞分裂もスムーズに行われなくなることも抜け毛になる原因なのです。

葉酸の造血作用により細胞分裂も順調に行われる

このような原因を考えると、だからこそ葉酸が必要になるのです。

葉酸によって血液を十分作り赤ちゃんに送ってもママも栄養不足にならなくなります。
葉酸は造血にも深い関係があり、血行も良くなり毛母細胞の細胞分裂も順調に行われるようになるのです。

そして産後は育児も身心共に疲れさせていきます。
赤ちゃんの夜中の授乳や夜泣きなどの影響で睡眠も十分に取れないなど、体だけでなく精神的にもストレスを溜めてしまい鬱状態になるママもいるほどです。
そんなときこそ葉酸は絶対に必要な成分なのです。

ストレスや鬱などにはビタミンBがとても効果的だと言われていますが、葉酸はビタミンMまたはビタミンB9とも言われるもので、精神を安定させて神経システムを正常に保つという役割があります。
そのためうつ病改善にも葉酸は重要な成分となっているのです。
もちろんタンパク質、DNAの合成、造血という細胞分裂には欠かせない大きな役割と両面持っており、生きていく上で欠かせない成分なのです。

だから妊娠中、産後の薄毛には葉酸がおすすめなのです。
もともと妊娠中の葉酸は赤ちゃんのために重要だということは国も認めて推奨しているもので、出産後も授乳をしているときには是非続けて葉酸を摂取するようにしましょう。

>>当サイトお勧めの葉酸サプリはこちら

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ