葉酸サプリで不妊解消?ベビ待ちの方は必見

赤ちゃんとお母さんそろそろ赤ちゃんが欲しいと思っていても、すぐに赤ちゃんが授かるということではありません。
世の中にはすぐに授かる夫婦もいれば、何年もベビ待ちしても、なかなか赤ちゃんが授からないという不妊カップルだって多くいます。
それだけでも女性はストレスになり、ストレスが溜まると余計妊娠しにくい体になってしまうことさえ起こってきます。

そこで、ベビ待ちのカップルに是非おすすめしたいのが葉酸サプリなのです。
近年では自分(夫婦)でできる「不妊症治療」の一環としても、最近注目を集めてきています。

ベビ待ちの人が知っておきたい葉酸サプリの効果

サプリメント葉酸はビタミンB9、プテロイルグルタミン酸、ビタミンMなどと言われている、ビタミンB群の一種です。
ビタミンMと言われるのは、モンキーの貧血が治ったことから、造血効果が高いことが発見され、そこからビタミンM、つまりモンキーのMが付いたと言われています。

特にビタミンB12と協調することにより造血作用が高まるため、妊娠には欠かせないビタミンなのです。
そして血液だけでなく、新しい細胞を作り出す働きもあるため、胎児の発育のためにも摂取しておきたい栄養素と言われています。

妊活、妊娠のための効果

妊娠するためには、受精卵が子宮内壁に着床し初めて母親の体とつながり、妊娠したことになります。
そのためには子宮内壁をしっかり強化し、受精卵も守られることで妊娠しやすい体にする必要があります。

そこで葉酸サプリに含まれているビタミンEの抗酸化作用が卵子の老化を防ぎ子宮環境を整える効果があるため、妊娠力を高める役割を補ってくれます。
また、カルシウムにはストレスを緩和させる役割があるため、不妊の最大の敵であるストレス対策としても効果を発揮します。

妊娠中の効果

妊娠中には、新鮮な血液が十分赤ちゃんに流れなくなると、空気も栄養も届かなくなるので、それが流産の原因にもなります。
葉酸を摂取することによって新鮮な血液を体の中で作り出すので、赤ちゃんがお腹の中で元気に成長していきます。

妊娠すると、より葉酸の1日の必要摂取量は増えていきます。
その際に普段の食事から摂るだけでは不足しやすいため、吸収率の高いサプリメントでの摂取を厚生労働省は推奨しているのです。

男性の葉酸サプリの必要性

妊娠のための努力は女性だけではありません。
卵子と精子の合体が胎児になるわけで、精子の状態によっては妊娠ができない、流産が起こりやすいということにもなります。
そして最悪、出産した赤ちゃんに障害も出てきます。

そのために必要なことが元気な精子を作り出すこと。
男性が葉酸サプリを摂取することで、精子が強化されしっかり受精まで至ことができるようになります。

また、精子でも異常のある精子もたくさんあり、ほとんどは受精できません。受精したとしても流産という形が殆どで妊娠には至りません。
その奇形の精子の発生を防ぐためにも葉酸の摂取が推奨されています。

仮に無事出産に至っても赤ちゃんに障害が出てしまうこともあります。
このような染色体異常のリスクの割合が減少することも確かめられていますので、是非男性も積極的に葉酸サプリを摂取するようにしましょう。
葉酸サプリは精子を元気にして受精卵が着床しやすくなるって本当?

おすすめは高品質の葉酸サプリ

葉酸サプリはコンビニドラッグストア・薬局などでも購入できますが、葉酸以外はほとんど添加物でつくられているものだったり、トータル的に価格的には通販購入などより高くなります。

そこでおすすめなのは通販で販売されている高品質な葉酸サプリメントです。
例えばベルタ葉酸サプリは葉酸の他にもビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄といった妊娠力を高めてくれる成分が多く配合されています。
天然由来成分で作られているため、体への吸収力が高く、化学合成でつくられているサプリメントよりも効果は高いと言われています。

まずは体内で不足している栄養を補って、妊娠しやすい体へと改善することが不妊改善への第一歩です。

ベルタ葉酸サプリサイトへ

このページの先頭へ